前の月 2017.10 次の月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | Trackbacks(-) | comments(-) |

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

見てきました。(TOHOシネマズ六本木)
とても面白かったです。個人的にこれまでのシリーズの中で一番好きかな…?
私は映画→原作の順で見ている派なので、今作も原作未見の状態で鑑賞。明らかに色々カットされてるなあという雰囲気が感じ取れましたが、アクションあり笑いあり感動あり、1本の映画としてうまくまとまっていたと思います。

今回は人間関係が色々悶々とするのが良かった。というか恋愛がね。ハーマイオニーとロンのあまりにもどかしい仲がね…女の視点から見るとハーマイオニーの気持ちはよく分かった気がしますwロンしっかりしろ…。あと、ハリーの初恋も可愛かったな。チョウ役の子は、やはり欧米の人が考えるアジアンビューティという感じなんでしょうか。日本人的感覚からすると、どうしても「?」でした。
ハグリッドと女校長のカップルがあまりにお似合いで微笑ましかったですね。生徒たち並に純粋っていう感じがまた…。ただ、ラストで帰ってしまった後はどうなったんでしょうか?(気になる)

ムーディも良いキャラでした。(キングダム・オブ・ヘブンのルノー役の人ですね)キレ具合とか鋭い感じが出てましたね。あの目の仕組みはどうなってるの?とふと疑問に。にしても、「闇の魔術に対する防衛術」教師は、変わり者しかいないんか!と毎度突っ込みたい…(笑)
ヴォルデモートも今作でついに復活。レイフ・ファインズ結構好きなので期待してたんですけど、顔が…(^^; 次回までに鼻も復活してくださいw

そういや、魔法界の人気バンド役でレディオヘッドのメンバーが出演しているということでしたが、鑑賞中すっかり忘れてました…。というかバンドのシーンが短すぎで顔すら確認できなかった(笑)これでも一応ファンなんですけどね…。DVDでゆっくり確認しよう。

ストーリーに関する記述は避けるので感想は簡単にこんなもんですが、今作は学校対抗試合がメインということで、シリーズのこれまでの作品とはちょっと毛色が違ったものになっていると思います。監督も違う人なので、画面の構図とか演出の雰囲気もまた違うなあと。結構コメディ的な要素もあったし。
ただ、やっぱり原作本2冊の内容を2時間半にまとめるということなので、説明不足になるのは仕方ないですね。それは今後のシリーズの宿命かと思いますが…。

とりあえず今作は、これまでのハリポタシリーズを楽しく見て来た人には問題なく楽しめる出来になっていると思いますね。ただこれまでもそうですが、原作に思い入れがある人は不満が残るであろうというのも事実。
このシリーズは、鑑賞者のハリポタ度レベルによって感想が全く異なってくるのが特徴だと思います。原作ファンは足りない部分が色々目立って不満だろうし、映画をこれまで観てきた人には普通に楽しめるし…。
私はこれから原作を読みたいと思ってます。(4巻携帯版出ないの…?)

予告でナルニア国やってました。
今から結構楽しみだったりします~

【2005/11/26 23:58】 movie | Trackbacks(3) | comments(20) |

チャーリーとチョコレート工場 2回目

仕事帰りに、六本木まで観にいってきました!
ファーストデイ1000円の日だったので、ここぞとばかりに。
この映画、公開されてからしばらく経つというのに、この日はほぼ満席だったので驚きです。かなり支持されているみたいですね。

今回もやはり面白かった!
2回目なので、いろいろ細かい所を気にして見てみました。『ヲンカさんがジャングルでウンパ長から虫ジュースを振舞われ、嫌々なめるシーンで、舌がなめる前から既に緑色になっている!』という報告をネットで見たので実際に画面で確認してみましたが、本当にそうなってました(笑)カキ氷のメロン味を食べたみたいに(笑)きっとNGとかで何テイクか撮りなおした後だったんですねえ。

そして何度見ても、リスに萌…
あのシーンになると心拍数が上がっている自分が居ますw
ベルーカでなくても1匹連れて帰りたくなりますよ~。
CGではなくて、ちゃんと訓練されて演技してるってところがポイント高いですね!DVD特典でリスの訓練風景とか収録されないかなあ…。

で、やっぱりこの映画は音楽がめっちゃ好きです。楽しくて・・・
サントラを聞いていると、また映画が見たくなってきます。
早くDVD出て欲しい!
米国では既に出ている?ようですが、日本での発売はいつなんでしょうか…
出たら絶対特典付きを買いますよ~

【2005/11/01 23:31】 movie | Trackbacks(2) | comments(0) |

コープス・ブライド

観て来ました!(ユナイテッド・シネマとしまえん)
感想としては

最ッ高!

です。映像、美術、音楽、ストーリーどれをとってもよかった。
花嫁のエミリーが切なくて。でもビクトリアにも幸せになって欲しいと思うし…。ビクターをめぐる三角関係は、それぞれ皆幸せになって欲しいと思えるので、見ているほうもビクター同様に複雑な心境になっちゃいます。


ビクター良かった、情けないカンジがいい味だしてました。途中まで、声優がジョニー・デップだということを忘れていた…w
彼の弾くピアノのシーンが良いです。エミリーとの連弾の所なんかちょっとジーンと来ました。音と、パペットが指で押さえる鍵盤の位置がちゃんと合ってる(っぽい)ところが素晴らしいです!


ちょっと意外だったのが、ビクトリアは「あまり美人でない」という設定だったこと。私は普通に可愛いな~と思ってみていたのですが…(^^;
エミリーも、冷静に考えるとグロイ外見なのですが、見ているうちにすごく愛らしく感じる不思議。フツーの女キャラには無い魅力というか…。健気な性格が良かったですね。


ラストに関しては、ネタバレを控えて多くは語りませんが、美しい結末だったと思います。ちょっとアッサリしすぎた感もありましたが、エンドロールで余韻を感じながら浸れるのがよかったのかも…。


なんと言っても、ストップモーションによって撮影された映像が良いですね。そこらのCGアニメには到底表現できない、「実写」の深みと存在感があります。そして、パペットとは思えないほどの表情の豊かさ、動きの滑らかさにも驚き。『ナイトメア~』の時は、様々な表情の頭部パーツを用意しシーンに合わせて付け替えるという方法でしたが、今回は、頭部パーツ内部にギアを内臓して、自由に表情が動かせるようになり微妙な調整も可能で、表現の幅が広がったそうです。
撮影は恐ろしく時間が掛かるそうで、12時間の作業で1秒~2秒程度の映像しか作れないとか(!)CGアニメが主流の現在、このような大変な労力をもって素晴らしい作品を作ってくださる方々がいることに、我々消費者は感謝するほかありません。ほんとスゴイなあ・・・


そして個人的注目ポイントだった音楽も最高!もはやバートン映画には、ダニー・エルフマンの音楽は欠かせない要素となりました。ダークで不気味だけどワクワクする感じ、エルフマンならではです。『チョコレート工場』とはまた一味違った雰囲気が魅力的。ボーンジャングルズとして御本人も熱唱です。ご本人がバリバリ歌って出演というのが、他の映画音楽作家とは違うところですよね~。


じつは一足先にサントラを購入したのですが、1回聞いてその後封印してました(笑)ストーリーが先にネタバレするのはまだいいけど、音楽を端から聴きなれてしまうと、映画を初見した時の新鮮さが薄れてしまうと思って…。
というわけで、本日からサントラ解禁ですw『チョコレート工場』とあわせて聞き倒し予定!w


ナイトメアのファンなのでこの映画にも超絶期待していたのですが、全く裏切らない出来で大変満足でした。
六本木で始まったら仕事帰りにリピートしますか…(1000円の日に)

【2005/10/23 02:10】 movie | Trackbacks(19) | comments(2) |
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。