前の月 2017.08 次の月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | Trackbacks(-) | comments(-) |

演奏会に行ってきました

東京フィルハーモニー交響楽団
『オール・チャイコフスキープログラム』
・歌劇「エフゲニ・オネーギン」より「ポロネーズ」
・ヴァイオリン協奏曲
・交響曲第6番「悲愴」

見ての通り、演目はすべてチャイコフスキー作品。Vnのソリストは二村英仁さん。加えて指揮の小松先生には、昨年の立教オケ85周年記念演奏会の時にお世話になったので、これは是非にということで行ってきました。

凡庸な感想と知りつつあえて言いますがとても良い演奏会でした!
今回のセレクト曲はどれも好きです。
「ポロネーズ」はあまり聞いたことがなかったのですが、華やかな雰囲気で演奏会の幕開けにふさわしいものでした。
Vn協奏曲、二村氏の演奏は流石としか…。どうしてあんなに流麗な音が出るんでしょうね~~、生で聞けて本当によかったと思いますね。
「悲愴」は、過去に自分もオケで演奏した経験があるので、懐かしく思いながら聞いていました。1楽章に感動!これぞ悲愴という感じ。
3楽章ラスト付近のメインテーマをゆっくり溜めた小松先生流の指揮がまた良かった。
アンコールは、「くるみ割り人形」より「マーチ」でした。
もうすぐクリスマスということでこの選曲だった模様。「くるみ割り人形」好きなので嬉しかったです。やっぱりマーチは可愛くてよろしいね。

全曲通して思ったのですが、やはりプロオケは金管楽器が違う…
ホールの奥までパリっと真っ直ぐに響き渡る音色は流石としか。学生オケには中々マネできませんね…(^^;

そんな感じで、大変満足できた演奏会でした。
これで3000円は安いなあ。

また良い演奏会があったら是非行きたいと思ってます。

スポンサーサイト

【2005/11/23 23:03】 music | Trackbacks(0) | comments(0) |

立教大学交響楽団定期演奏会

後輩の定演に行ってきました。(すみだトリフォニーホール)
曲目は、フィガロの結婚より序曲(モーツァルト)/4つの最後の歌(R・シュトラウス)/交響曲第1番「巨人」(マーラー)。

演奏は、ひとことで言えば「熱い」ものが感じられてとても良かったです。
まさに弾き手の熱意がストレートに伝わってくるというか…
。この「熱さ」がうちのオケの持ち味なのかも…
こういう感じは学生オケならではなんですよね。プロオケとはまた違う音がありますよね。
私がオケを卒業してまだ2年経っていませんが、こういう音楽を聴くとやはり「オケって良いなあ」と思わされます。最近は仕事が忙しいのもあってあまりチェロも触ってないし…(汗

前回6月の定演は都合で行けなかったので、今回は久しぶりでしたがとても楽しかったです!

【2005/11/03 23:47】 music | Trackbacks(1) | comments(0) |

ヘッドホン買っちゃいました



AKG K271Studio
買いました!クラシックに向いているということで白羽の矢を立てたのですが正解でした。オーケストラの響きと余韻を余さず聞き取れるし、低音と高音のバランスもよくて聞いていて疲れません。良い音で一時の幸せを味わってます…
これから使い込むとより音に深みが出てくると思うので気長に付き合っていこうと思います(^0^)/

【2005/08/10 01:45】 music | Trackbacks(0) | comments(0) |
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。